受験を突破する「コツ」、教えます!

中学受験をスムーズに突破するためには

中学受験の教材選びのポイント

中学受験は、特殊な受験といわれ小学校で習った内容よりもかなり発展的な問題が出ます。
国語や社会、理科は中学レベルともいえますし、算数の問題は小学校で習う計算方法をつかいながら、かなりひねった問題が多く、つるかめ算や流水算などの考え方になれる必要があります。
従って、家庭で教材をそろえる場合は教材選びが肝要になります。
書店にならぶ参考書やドリルは教科書準拠と銘打ったものが多いですが、これはあくまで学校の普段の授業用です。
高学年の子供用に選ぶ時には、中学受験用となっているものを選びましょう。
レベルは最難関校向けのものから、中堅レベル、基礎レベルなどがあります。
一見、最難関校向けの問題集が良くみえますが、それが果たしてその子供の実力にあっているのかという点と、志望校でその様な難問が出るのかとう事にも注意が必要です。
たとえ最終目標が最難関校であっても、子供も親も歯がたたない問題集では、自信失うばかりで、実力もつきません。
それよりは、基礎レベルからはじめて手応えを感じたら中堅レベルに手を出してみるという方法の方が手堅く、どんな学校にも対応できます。

中学受験の失敗しない教材選び

中学受験の対策として教材を購入する方は非常に多くいます。
しかし、物によっては学習の効果が現れないものや、時間の掛かるものがとても多くありますので、選び方に失敗をする方は少なくありません。
中学受験をする際には、基本的には学校に合わせて出題傾向を把握して対策をする事が大切となりますので、まずは過去問を使用する事が最適です。
そして教材はその参考書として活用する事が出来る物が最適です。
過去問から出題されている問題で分からない事が多くあれば、それだけ参考書を使用する機会も多くあります。
そして、しっかりと出題傾向を把握する事が出来たならば、それに合わせた対策として問題集を購入する事が最適な教材選びです。
現在では予備校や通信制の学習方法もありますので、基本的な要項を抑えた内容となっている物を購入する事も出来るようになっていますが、選び方の基本を知っていても損はありません。
出題傾向と対策が選び方で重要な要素です。

Favorite

最終更新日:2017/9/1

COPY RIGHT (C) 2015 目指せ難関校. ALL RIGHT RESERVED